FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンティの中に手を…

手でも出来る、ということは、電気按摩器が壊れてしまっても、無人島に流れ着いてコンセントがない生活でも、ひとりえっちで気持ちよくなれる、という事だ。


凄い発見をした気分だった。


その後も、機会があって電気按摩器は使ったように思う。

しかし、家族に見つからないようにこっそりと道具を取りに行き、再びこっそりと戻さなければならないという煩わしさがある。


それが自分の手だけで出来るなんて、いつでも何処でもすぐにでも出来てしまう。何て便利なんだろう!



ある日私はまた、手でパンティの上から股の中心を擦った。

気持ちよかった。しかし、なかなかオーガズムには達しなかった。


最所の時と同様に、一生懸命、腰をあげたり下ろしたり…夢中になって擦った。

…が、とうとう絶頂には辿り着けなかった。


私は疲れて座り込んだ。

どうしてだろう?


電気按摩器のバイブレーターなら、短時間で簡単にオーガズムを得られる。

手でやるのは時間も労力もかかり、疲労する。

もっといい方法はないんだろうか。


私はふと、パンティの中を覗いてみた。

シワシワのアソコが見える。

おそるおそる、右手をパンティの中に忍び込ませ、そっと触った。


うっすらと汗ばんだクリトリスは、二枚のピラピラに包まれた状態になっている。

そのピラピラの向こうに指を滑らせると、ねっとりした液体が湧き出す泉があった。

その液体で濡れた指先で、泉の回りをそおっと触ってみた。


液体が潤滑油になり、滑るように指先が動く。

乾いた指先で触るのとは、全く違った感覚だ。


私は再び泉の中に指先を浸し、重なり合った二枚のピラピラの中心に割り入る様に、濡れた指先を手前に引いた。


あっ…


愛液で濡れた指先が、幼いクリトリスを捕らえた。



美人妻図鑑 中バナー 


【PC】クチコミ投稿率業界No.1 NLSのアダルトグッズ

【モバイル】イッた快感が10倍になる、新しいオナニーの方法教えます


ライブチャットレモンでバーチャルデートを楽しみませんか?

おとなのおもちゃネット通販

手でも出来る!

アソコがあんなになってしまい、また、大人になるとみんなセックスするという事にショックを受けたのか、私はそれから電気按摩器をあまり使わなくなった。


ある日、私は一人、リビングのローチェアで宿題か何かをやっていた。


夏場なので薄着で、スカートを履いていた。

他に誰もいないので、当然足は崩している。そのうち股を開き、あぐらを崩したような座り方になった。


向かい側から見ると、パンツ丸見え状態。


勉強にも飽きて、何気なく右手でパンツの上からアソコを触った。

ぴくん、とアソコが軽く収縮する。

気持ちいい。


かがんでアソコを見ると、白いパンツの股の部分が、わずかに膨らんでいる。

パンツをめくって中をみる勇気はなかったが、その中にはワレメからはみ出した2枚のピラピラが、ぴったりと重なり合ってるんだろうなと想像した。


昼間で事務所には親がいるので、電気按摩器は使えない。

仕方なく私は、右手の人差し指で、股の中心部を上下にこすった。


アソコに心地よい振動が伝わってくる。

丁度パンツの縫い目の部分がクリトリスに当たり、指が縫い目を通り越す度に、ぴくんぴくんと振動する。


この振動は、電気按摩器のバイブレーターに似ている。

それよりもはるかにソフトな刺激ではあるが…


私は夢中になり、まるでギターを弾くように、指で股の中心部を上下にこすり続けた。


じゃんじゃんと奏でるようにこすり続けるうち、次第に気持ちよくなり、オーガズムをカンジそうになるのだが…あと少しのところで、辿り着けない。


私は腰を上げ半立ちになったり、股を思いっきり広げ腰を前に突き出したりしながら、必死でアソコをこすり続けた。


もう少し、もう少しで…イク、イケる。

パンツが摩擦で熱くなったが、それでも擦って擦って擦り続けた。

はぁはぁはぁ…

呼吸が荒くなる。

腰を上げたり下ろしたり、アソコを前後に激しく振りながら、ひたすら股を指で擦る。



あっ…イク…

イック~~~~~~~ゥん!!!!


やっとの思いで上り詰める。

ビックン、ビックンとアソコが収縮し、その収縮とともにワレメの奥から、ネバネバした液体が排出されているような気がする。


私はしばらくそこに座り込み、呆然としていた。


手でも…出来た!

バイブレーター(按摩器)がなくても、出来るんだ。


新しい発見だった。



美人妻図鑑 中バナー 

人妻のオナニー

今話題人妻だけのライブチャットセカンドハウス。相互配信システム搭載で初心者でも簡単に人妻との会話が楽しめます。2ショットモードで甘い一時をお過ごし下さい



【PC】クチコミ投稿率業界No.1 NLSのアダルトグッズ

【モバイル】イッた快感が10倍になる、新しいオナニーの方法教えます

真実を知らされて

当時の私はまだ、性教育など受けていなかったし、どうやったら子供が出来るのか?なんて事さえ知らなかった。


ただ、男と女には秘密の行為がある、ってことは、深夜テレビや大人の雑誌なんかを覗き見て、知っていた。


けれど、それが愛の行為であるという認識は、全くなかった。

それは、大人同士の厭らしい行為だと。そういう行為をするのは汚れた大人なのだと、思っていた。


しかしある日、私は真実を知らされた。

同級生の友達(女)によってである。


そういう行為(セックス)をすると、子供が出来る。

セックスをしなければ、子供は出来ない…。


セックス!


この言葉はそれまでにも何度か、テレビなどで聞いたことがある。

どういう意味かと周りのオトナに聞いても、教えてもらえなかった。

成る程そういうワケか。


しかししかし、である。

そういう事をするのは一部の大人だけじゃなく、結婚したらみんな、そういう事をするの!??


うっそぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~??????


やっだぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!


私のあんなになったアソコ、男の人になんて絶対見せられない!!!

もう私、結婚出来ない。

結婚なんて、しない!


こうして小学5年生で、私は独身主義になった。



美人妻図鑑 中バナー 


【PC】クチコミ投稿率業界No.1 NLSのアダルトグッズ

【モバイル】イッた快感が10倍になる、新しいオナニーの方法教えます

アソコが変!

電気按摩器でこっそりとオナニーを繰り返すうち、私はアソコの異変に気付いた。


ソレを発見したのは、お風呂に入った時だったかと思う。


それまで私のアソコは子供のそれで、全く毛も生えておらず、ツルツルのワレメのみであった。


それが…オナニーを繰り返すうちに、ワレメの中から何やらピラピラしたものが出てきたのだ!!


しかも…片方のみ。


普通人間の身体というのは、左右対称になっているものだ。それが、ワレメの片方からのみ、ピラピラがはみ出して来た。


無理やりワレメの中に押し込むと、一旦は入るのだが、暫らくして動いたりすると、またもこもこと出てくる。


やっぱりだ…!


私は思った。あんな事をしているから、こんなになってしまったんだ。

もうやめよう。

電気按摩器であんな事をするのは、もう止めよう。


しかし…


止めようと思えば思うほど、したい、という欲望が湧き出してくる。

やってはいけないと思うほど、やりたくなってくる。


私は、

これで最後、もうこれで最後だから…

そう自分に言い聞かせながら、電気按摩器に手を伸ばした。


今まで以上に、いけない事をやっているという気持ちが、ますます私を興奮させる。


そして事が終わると、もう二度としない、と誓うのだが、いつもその誓いは破られるのだった。


そのうちに、もう片方のワレメからも同じ様にピラピラが出て来た。


いままでは片方のピラピラを押し込んでいたが、こうなればもう、押し込めない。もう一方と同じ大きさになるようにと、小さい方のピラピラを引っ張った。


そしてツルツルだった私のアソコは、ピラピラが大きくなるにつれてヒダヒダが出来、前から見るとシワシワになってきた。


私は困った。妹達のアソコをみても、こんなになってはいない。母親のものは、毛が生えていて見えない。


普通の人はどうなっているのか、調べようにも資料がない。オトナが見るハダカの写真の載っている雑誌を見ても、アソコは塗りつぶされていて見えない。


どうしよう…あんなイケナイ事をしてたから、私のアソコはこんなになっちゃったのかしら…?

こんなアソコ、誰にも見せられないよぅ。


悩む一方で、やはり、ひとりえっちのオイタはやめられなかった。


美人妻図鑑 中バナー 

人妻のえっち


【PC】クチコミ投稿率業界No.1 NLSのアダルトグッズ

【モバイル】イッた快感が10倍になる、新しいオナニーの方法教えます

布団部屋での秘密の行為

事務所に忍び込んで事を行うだけでは物足りなくなった私は、こっそりと按摩器を他の場所に持ち出した。


母屋の二階に、布団部屋と化した一室があり、普段は誰も入ってきたりしなかったので、その部屋に按摩器を持ち込んだ。


電気按摩器のコンセントをジャックに差し込むと、誰にも見つからないよう布団の中に潜り、息を潜めた。


布団の中はむっとしていて息苦しく、暑い。

その息苦しさと蒸し暑さがさらに、私を興奮させる。


私は仰向けになり股を広げ、パンティの上から按摩器をアソコにぐっとあてがい、そろそろとスイッチを入れた。


ウィ~ン!


強烈なバイブの振動が私を襲う。

私は片手でバイブを持ち、もう一方の手は無意識に乳房をまさぐっていた。


無意識のうちに身体が弓なりになり、頭が後ろへと仰け反る。


ウィ~ンウィ~ンウィ~ン…


バイブの音が次第に遠のき、私はオーガズムに達する。


ビックン、ビックン…

ゆっくりとアソコが収縮する。


ウィ~ン…


まだバイブは音を立て振動している。


アソコの収縮が一息つくと、今まで快感だったバイブレーションが、鈍い痛みに変わる。

これは毎回同じだ。


なんでだろう?今まで気持ちよかったのに…?

私は不思議に思い、さらにバイブをアソコにあてて様子を見た。


痛い!


やはり痛くて不快だ。それ以上バイブをあて続けることは出来ない。




私はそれからも幾度となくバイブを持ち出し、秘密の行為を行った。


しかしそのうちに、私は身体の変化に気付いた。


アソコの形が…!?




美人妻図鑑 中バナー 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。