FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nina4006.blog50.fc2.com/tb.php/4-b9ef1253

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

白い液体

それから何度も私は、電気按摩器を求めて夜の事務所へ忍び込んだ。


やり方はいつも同じ。電気按摩器のスイッチを入れ、パンティの上からアソコに当てるのだ。

ほぼ毎回、同じ時間で、同じ快感を得る事が出来る。

何度も同じ事を繰り返すうちに、私はだんだん慣れてきて、少しずつ不安が消えていった。


そのうちに疑問が出て来た。やった後のパンティの中はどうなってるんだろうかと。

こんなことしてて、もしかしてアソコがおかしくなりやしないのかと。


いつものようにオーガズムに達し、ビックンビックンと波打ちアソコがファイナルを迎えたあと、パンティの中をそうっと覗いてみた。


アソコから何かが出てる!?


かがんでじぃーっと見つめると、小さなピラミッドのようなクリトリスの下の辺りから、納豆のように糸が引いているのだった。


そっと指で触れると、ぬらっとしたそれは白い液体だ。


その頃の私はまだ発毛もおりものもない、幼い子供だったので、アソコから小水以外の水分が出る、という事が不思議だった。


指に付いた白い液体の匂いを嗅ぐと、生臭く、なんだか厭らしい匂いがした。


そして私自身、とても厭らしい好意をしているのだと感じ、その事が余計に私をその行為へと誘うのだった。



美人妻図鑑 中バナー 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nina4006.blog50.fc2.com/tb.php/4-b9ef1253

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。