FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nina4006.blog50.fc2.com/tb.php/3-7fd7c3a5

トラックバック

コメント

[C9] 1 ■無題

面白いっすね?。
もっとスリルのある一人エッチ経験を聞きたいっすね。
  • 2006-07-09 01:22
  • 五大陸
  • URL
  • 編集

[C10] 2 ■五大陸さんコメントありがとうございます

スリルのある…ですね?
おいおいそういうのも出てくるかと思います。
また覗きにきてくださいね!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

二度目のひとりえっち

初めてのひとりえっちを体験しその後。


まだ幼かった私は、それがひとりえっちだという認識もないまま、その時の感覚(オーガズム)に味をしめ、再度挑戦しようと試みた。


昼間は事務所には親がいるし、来客もあるので無理。


夜になって家族がみんな寝静まってから、こっそりと事務所に忍び込んだ。


電気を消し、真っ暗な事務所に入り、そっと引き出しを開け電気按摩器を取り出す。

一番奥の事務机に座り、コンセントを差し込み、スイッチを入れる。


ウィ~ン!


音の大きさにびっくりし、慌ててスイッチを切り、辺りの様子を伺う。


ドキンドキン、心臓の音が鳴り響く。


しんと静まったまま、誰も起きて来ない。大丈夫だ。


誰かが来るかもしれない…!

その緊張感から、自然と呼吸が荒くなる。


はぁはぁはぁ。

ドッキン、ドッキン、ドッキン…


荒ぐ呼吸と心臓の音に、さらに私は興奮する。


早くしなきゃ、ぐずぐずしてたら誰か来る!


その頃の私は、確かピンクのネグリジェを着ていた。

最所の時は親がそばにいたので、スカートの上から行ったが、今度は誰もいない。


ビニールの事務椅子に座ったまま、ネグリジェを腰まで捲り上げ、そっと両足を広げる。…誰もいないので、大胆に大股に。


再びスイッチを入れる。


ウィ~ン。

この前と同じバイブレーターの振動音。


パンティの上から、そっとアソコにあてがう。


あぁ…


声にならない声が出る。

ウインウィンウィン…

電気按摩器のヴァイヴは構わず強烈に振動し、再び私を別世界へと引き込んでいく。


あぁ~~~~~っ!!


大きなうねりが来て、私は間もなくオーガズムに達する。

大きな波は、やがて何もなかったように引いていく。


ドックン、ドックン…

アソコが脈打つのが分かる。

ゥイ~ンィンィンィン…!!!


ヴァイヴレータの音だけが暗闇に響く。

私はスイッチを切り、暫らく椅子の上で放心状態になる。

アソコはまだ、びりびりとしびれたまま…


しかしすぐに気を取り直し、コンセントを抜き按摩器を引き出しにしまった。

家族の誰かが来る前に、寝床へと引き上げなければ。


そして誰にも見つからず、部屋にもどり布団の中にもぐったのだった。




美人妻図鑑 中バナー 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nina4006.blog50.fc2.com/tb.php/3-7fd7c3a5

トラックバック

コメント

[C9] 1 ■無題

面白いっすね?。
もっとスリルのある一人エッチ経験を聞きたいっすね。
  • 2006-07-09 01:22
  • 五大陸
  • URL
  • 編集

[C10] 2 ■五大陸さんコメントありがとうございます

スリルのある…ですね?
おいおいそういうのも出てくるかと思います。
また覗きにきてくださいね!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。